MENU
ドライアイ対策サプリランキング12選はこちら!

ドライアイにEPAが効果があるのは何故?効能と摂取方法ドライアイにEPAが効果があるのは何故?効能と摂取方法

パソコン
パソコンを使用する機会が増えた現代において、ドライアイに悩む人が増えています。
ドライアイはとても辛い病気ですが、このドライアイを改善することが出来る成分として、EPAが注目を集めています。
EPAは本当にドライアイに効果を発揮するのでしょうか。

 

ドライアイの原因

ドライアイには二つのタイプがあります。
それは、涙の量が不足する涙液減少型ドライアイと、涙の成分が変質してしまう蒸発亢進型ドライアイです。
蒸発亢進型ドライアイは、涙の表面を覆っている油膜が不足することによって起きる症状で、通常はその油膜が涙の蒸発を防いでいるのですが、油膜が不足することで涙が通常以上に蒸発してしまうので、ドライアイになるのです。
EPAは、この蒸発亢進型ドライアイタイプに非常に効果が高いと言われています。

 

EPAのドライアイへの効果効能

涙の表面を覆っている油膜は、マイボーム腺というまつ毛の生え際の近くにあるところから分泌されています。
このマイボーム腺がうまく機能しなくなると、油膜が減ってドライアイになるのです。
特に、動物性脂肪を多く摂る食生活を続けていると、体の脂肪分がドロドロになってマイボーム膜が詰まりやすくなってしまいます
EPAには、このドロドロの脂肪をサラサラにする効果があるのです。
その効果によってマイボーム腺の詰まりが解消され、油膜の分泌を促すため、ドライアイを改善することが出来るのです。
他にもEPAには血圧を下げたり、血栓を溶解したりして血行を良くする効果があります。
この効果で目に栄養が行き届きやすくなり、目の健康を守ってくれる働きもしてくれるのです。

 

EPAを摂取するには

EPAは、青魚に多く含まれることがよく知られています。
ですから、ドライアイに悩む人は青魚を積極的に摂取することが求められますが、あまり魚をたくさん食べるとその中に含まれる水銀も多く摂取してしまう恐れがあります
それに、現代の食生活では魚の摂取量も減っていますから、食事でEPAをとるのは簡単な事ではありません。
そういったことから、サプリメントでEPAを摂取するのが手軽で安心だと言えるでしょう。