MENU
ドライアイ対策サプリランキング12選はこちら!

目の充血の原因とドライアイの充血を改善する方法


ドライアイによって起こる症状の一つに目の充血があります。この目の充血を改善するにはどうすればいいのでしょうか。

 

目の充血の原因

普段はあまり意識しないかもしれませんが、目にもたくさんの血管が通っています。充血とは、何らかの原因で目の血管が膨らんだ状態です。目に通る血管は、普段はとても細いので分かりませんが、それが膨らむことで赤く見えるのです。目の血管が膨らむ理由として、目にゴミなどが入った時にそれを排除しようとする炎症反応として血管が膨らむものと、目が疲れてそれを回復させるために酸素や栄養を必要とし、それらを運ぶために血流量が増えて血管が膨らむものがあります。

 

充血改善のために目を保護する

充血を改善するためには、目をサングラスや眼鏡で守ってあげる事が有効です。これによって、目を外界からの刺激やアレルギー物質、紫外線などから守ることが出来るので、目の炎症反応を防ぐことが出来、充血を改善することが出来るのです。

 

目薬を使う

目薬の中には、充血を抑える効果のあるものもあります。眼科などで処方してくれる目薬の中には、塩酸テトラヒドロゾリン塩酸ナファゾリンなどの成分が含まれているものがありますが、これには血管を凝縮する作用があるのです。それらを点眼すると、血管の膨張が抑えられて充血を改善することが出来ます。ただし、これは一時しのぎの方法に過ぎません。

 

体質を改善する

目が充血しやすい人の特徴として、体力がないというものがあります。体力がない人は、貧血になりやすかったりストレスを溜め込みやすかったりするので、そのような人は血流が悪く、目に酸素や栄養を送りにくいためにそれを送るために血管を広げやすいのです。ですから、充血改善には体力をつける事貧血を改善する事が効果的です。

 

目薬を使い過ぎない

充血を抑える目薬もありますが、市販の多くの目薬には防腐剤が使われています。目薬を多用するとこの防腐剤が目に刺激を与えて、充血を引き起こすことにもなるのです